沖縄旅行の写真

沖縄の海で気を付けるべきこと

沖縄旅行を計画中  沖縄に旅行で訪れたのなら、思いっきり海やビーチでのレジャーを満喫したい方が多いと思います。しかし、海を甘く見てしまうと事故にもつながりかねません。配慮しておくべき注意事項があるので、ここでは海で遊ぶ際気を付けるポイントをまとめました。

海での注意事項

 ビーチリゾートに訪れたときにビーチ内にある飲食店や売店を利用する場合は、水着のままでなく上着を羽織るなどの配慮を心がけてください。またビーチで飲み食いをするのなら、ゴミは持ち帰るようにしましょう。場所によってはバーベキューが禁止されているところもあります。利用するビーチで定められている規約を守るのは最低限のマナーです。

沖縄のビーチはサンゴ礁のリーフが発達していて、遠浅で波も穏やかな場所が多いため気軽にシュノーケリングを楽しむことができます。しかし、海洋状況がすぐ変化するのが沖縄の海の特徴です。安易に考えず、可能ならばショップツアーに参加するなどガイド付きで楽しむようにしましょう。ウェットスーツとライフジャケットを着用してください。また、フィンや水中マスク、シュノーケルは必須アイテムです。

沖縄の夏のトップシーズンの紫外線は、東京の1.5倍あります。太陽で照らされる日差しは、肌を刺すように痛いです。海水浴を満喫するのなら、ビーチパラソルを利用するなどし、日陰で適度に休まないと、重度の日焼けをしてしまいます。最悪日に当たり過ぎると、やけどをしてしまうのです。また、海の水面は陸上より太陽の照り返しが強いため、ラッシュガードを着て肌を守るように心がけましょう。ちなみに沖縄県民は日中、海に出るのを避けて日差しが弱い夕方から海水浴をするのが一般的です。

沖縄の海に潜む有毒生物

 沖縄の海には有毒生物が生息しているため、命にかかわる事態を引き起こすこともあります。必要以上に恐れることはありませんが、見かけたら近つかず触らないようにしてください。海中で見られる美しいサンゴやイソギンチャクにも毒があるので、基本的に素手で触ってはいけません。万が一被害に合ってしまったのなら、すぐ監視員に知らせて応急処置をして病院で手当てしてもらいましょう。サンゴ礁域でシュノーケリングをするならば、ウェットスーツ着用するのが望ましいです。

毒を持つ生物の対処法

 ハブクラゲは、イノーや入り江の浅瀬や湾内などの波が穏やかな場所に生息しているそうです。7~10月ごろに沖縄全体に発生します。触手に刺されると激痛が走り、ミミズ腫れや強いかゆみをもたらします。さされたらすぐに食酢をたっぷりとかけ、触手をピンセットでそっと取り除いでください。病院で処置されるまでは、氷や氷水で冷やしましょう。

オニヒトデはサンゴ礁全域に生息しており、日中は裏側の影に潜んでいます。干潮時にサンゴに触る際はよく注意してください。15~30cmの大きさで、毒をもったトゲを多数持っています。小さいものでも毒があるので、見つけても絶対触ってはいけません。最悪刺されると、アナフィラキシーショックで死に至ることも。患部にトゲが残っていれば取り除き、毒素を絞り出しましょう。真水で洗い消毒したら、40~45℃のお湯に30~90分浸けると痛みが和らぎます。 この他にも沖縄の海には有害な毒を持つ生き物がいるので、応急処置を知っておくと役立つので事前に対策を練っておきましょう。