沖縄旅行の写真

南部エリア

沖縄旅行を計画中  沖縄の南部は、青い空や海、豊かな自然に恵まれたエリアです。この場所では、沖縄の戦争の歴史を感じられる文化施設もたくさんあります。海を思う存分に堪能し、戦争について学びたいという方におすすめです。

自然の神秘を感じる

 ガンガラーの谷は数十年の鍾乳洞が崩れてできた場所です。今では、鍾乳洞と数多くの熱帯植物が育つ森と一体化しています。この谷へ観光するにはガイドと一緒に巡る予約制のツアーがあり、ツアー参加者でないとこの場所に踏み入ることができません。

ツアーで歩く距離は全長約1km。巨大なガジュマルの木の他に古くから信仰してきた鍾乳石、古代人が住んでいた住居跡など、自然の神秘と人類の歴史を体感できるところが盛りだくさんです。ツアーの所有時間は約1時間20分、毎日4回実施しており前日までの電話予約制となります。定員に飽きがあれば当日参加可能なので、予約を忘れた場合は確認してみるといいでしょう。

戦争について改めて考える

 ひめゆりの塔は、第二次世界大戦で国内唯一の地上戦があった場所であり、戦争について学べる場所です。施設内には慰霊塔、最後に自決したところに建てられたひめゆり学徒散華の礎や戦争の真実を知れる平和祈念資料館があります。

平和記念公園は、太平洋戦争の沖縄線最後の激戦地であり沖縄戦跡国定公園に定められた場所です。糸満市摩文仁の丘陵を南に望め、南東側にダイナミックで美しい海岸線を眺められます。公園内は、平和の礎や平和祈念堂、平和祈念資料館があり、平和への祈りを捧げられるとして、観光客のみでなく沖縄県民にとっても特別な存在です。今ある幸せのありがたさを感謝できます。南部には戦争について学べる文化施設があるので、ぜひ訪れてみてください。

本島最南端の知念岬公園

 沖縄南部の絶景おすすめスポットが、日の出と満天の星空を眺められる知念岬公園です。本島南部の最南端にある知念岬公園は人にあまり知られていないので、誰もが見とれる絶景を眼下に静かに過ごせます。サンゴ礁が作る青いグラデーションの海を見下ろし一望できる広々とした公園は、初日の出スポットとしても親しまれており、南部で朝日を見るなら知念岬公園で眺めるのがおすすめです。

パートナーと訪れたい瀬長島

 この島の西側の浜辺からは、世界的に有名なダイビングスポットである慶良間諸島が望め、海に沈む美しい夕日を眺めることができます。また、最近では2015年に長島ウミカジテラスという大自然の景観を取り込んだ食・遊び・癒しの総合リゾートスポットができました。

丘の斜面をそのまま利用した白亜の街並みは、イタリアのアマルフィやギリシャのサントリー二島などのリゾートを思い出させ、海風が心地よく吹き抜けます。昼間は海と空が青く輝いてサンセットタイムは目の前で赤い夕日が沈み、夜はかがり火が灯るテラス席のディナーをなど、時間や季節の変化で全く違う雰囲気が楽しめますよ。

非日常感を演出するため景観を損ねないよう植栽にスピーカーを設置して、音響にも気を使いサンセットとナイトタイムには2回のジャズの生演奏を聞けます。パートナーとの旅行で訪れたのなら、素敵な夜を過ごせること間違いなし。いい雰囲気を作れたのなら、夜の営みを楽しむためにも、男性で勃起について悩んでいる人はバイアグラを常備しておくと安心できますね。入手方法は専門のクリニックで受診し、お薬を処方し貰ってください。