沖縄旅行の写真

幽霊が出るビーチ?

沖縄旅行を計画中  そのビーチに行ったのは7月の初旬でした。すっかり梅雨も明け、沖縄の夏本番がスタートし、とても多くの観光客でにぎわっていました。 ですが、私はあまり人ゴミが好きではありませんでしたので、できるだけあまり人のこないようなスポットを狙って観光を楽しんでいました。

一人で沖縄にやってくるのは初めてのことではありません。なので、混雑する道や場所もある程度知っていましたので、それを避けて、レンタカーで走っていました。宿泊するホテルだけしか決めていませんでしたので、気が向いたら車を止める、といった気ままな旅です。 そんな時に、あるビーチに辿り着きました。

白浜が綺麗で、波も穏やかなのに、なぜかまったく人気がありません。沖縄にはいくつものビーチがあり、やはり人気スポットに人が集中します。なので、このようなスポットもないわけではありませんが、観光シーズンの真っただ中であるこの時期に、これだけ人がいない場所は珍しい、と思い、私は車を泊めました。

カーナビにも映らないビーチ

 ロケーションは最高でした。狭い道路を挟んで、片方はビーチ、そしてもう片方はサトウキビ畑です。まさに沖縄らしさをフルに感じさせてくれるロケーションです。 こんなにいいビーチなのになんで誰も来ないんだろう?そんな疑問を抱きながら、現在地を確認してみることにしました。途中で抜け道を何度も使ったため、自分がどの辺にいるのかがわからなくなってしまったのです。

しかし、カーナビの画面を見ると、私の車は海の中に表示されています。レンタカーでしたが、かなり古い型のナビでしたのでこんなこともあるだろう、と思って現在地の確認を諦めました。

ビーチに出てみると、汐風が心地よく、気温は高いものの、とても心地よい気分でした。良い穴場スポットを見つけた、とちょっと得意になって、砂浜に寝転んで空を見上げました。 雲一つないとても良い天気です。私はビーチを独り占めしたような気分になって、リラックスしてしまいました。 すると、急激な眠気が襲ってきました。昨晩はホテルでしっかりと眠ったはずでしたが、やはり普段とは環境が違いますので、少し疲れていたのかもしれません。そのまま目を閉じると、眠気に襲われてしまいました。

足に何かが触れる感触がして、目を覚ましました。さっきまでいい天気だったのに、空が薄暗くなっています。それほど長くは眠っていないはずなのに、何が起こったのでしょう。 そして、何かが触れた感触のある足の方を見ると、そこには真っ白い手があったのです。もちろん、生きた人間のものではないことはすぐにわかりました。

すぐにこれまでの事が頭の中で繋がりました。抜群にロケーションがいいのに誰もいないビーチ、カーナビにも表示されない…私はとんでもない場所に迷い込んでしまったようです。 必死に私はその手から逃れるように足を動かしました。しかし、すごい力で抑えつけられているようで、自由に足は動いてくれません。しばらくすると、海の方からたくさんの手が伸びてきました。 私は思わず悲鳴を上げ、気を失ってしまいました。

気付くと、私は車の中で眠っていました。ビーチはありません。私が車を停めていたのは、断崖絶壁の真上だったのです。