沖縄旅行の写真

出生率No.1は沖縄県

沖縄旅行を計画中  沖縄は出生率の高さで日本一を誇る県です。人口における子供の割合が高く、糸満市では22.1%で全国1位。以下5位までが沖縄の市町村で占められています。

子供にお金をかけない、かからない。

 沖縄は日本一所得の低い県なのになぜ出生率が高いのでしょうか? そこにはお金がなくてもなんとかやっていける助け合いの精神(ユイマール)が深く関わっていると思われます。

沖縄では人と人のつながりがとても強く、親戚どうしの付き合いも盛んです。引っ越しとなると家財道具がいろんな所から集まってくるなど、多少お金がなくてもなんとかやっていける環境にあるようです。

子育てにお金をかけないことも子供をたくさん産める理由の一つではないでしょうか?子供の習い事の数、ピアノの保有率ともに全国最下位の沖縄県。お金がないからというよりも都会のように周りと比較して張り合う必要がないということかもしれません。

子作りに積極的な県民性

 そしてなにより子作りに積極的な県民性も大きいといえます。県民性アンケートによると女子で「セックスが好き」と答えたのは沖縄県が1位。さらに「自分は肉食系である」という項目でも堂々1位を獲得しています。

沖縄には精力剤のたぐいがたくさんあります。代表的なものはハブ酒ですが、ハブを粉末状にしたものも売られています。さらにうみへびエキスなども精力剤として有名です。 

沖縄ではヤギを食べる習慣がありますが、ヤギ肉が精力増強によいといわれ、夫が元気のないときはヤギ汁を食べさせる奥様もいるのだとか。

また、国際通りの薬局を訪ねると前述の精力剤や強壮剤、輸入物の精力剤などがぎっしりと並べて売られています。

沖縄の子供は幸せ!?

 沖縄の人は「自分が好き」な人が多いようです。これは「ナルシスト」という意味ではなく、自分のよいところを素直に認められるという美点です。これは人と人とのつながりが広くて深い県民性が関わっていると思われます。

例えば結婚式は300人規模が普通とか、誕生日もたくさんの友人に祝ってもらう習慣があるといったことです。こうした環境の中で愛され上手な人が増えていくのでしょう。

郷に入れば郷に従え!?

 普段草食系を自負している人もカップルや夫婦で沖縄旅行をするなら、解放的な雰囲気で大胆なセックスを楽しんでみてはいかがでしょうか?EDが気になるなら国際通りで精力剤を購入してみるもよし、旅行前にバイアグラを処方してもらうのもまた確実な方法です。バイアグラはジェネリック医薬品も登場し、お財布にやさしくなりました。沖縄で新しい「肉食系」の自分を発見できるかもしれません。