沖縄旅行の写真

泡盛を楽しんでみよう

沖縄土産の定番といえば、どんなものをイメージするでしょう?ちんすこう、琉球ガラス、三線、かりゆしなどさまざまな定番土産が存在していますが、沖縄の伝統的なお酒である泡盛も外すことはできないでしょう。泡盛にはさまざまな種類のものが存在しており、さまざまな飲み方で楽しむことができます。ここではそんな泡盛の楽しみ方をご紹介します。

基本はやっぱりストレート

 泡盛は基本的に度数の高いものが多いですが、やはり濃厚な味わいを楽しみたいのであればストレートが一番です。泡盛ならではのフルーティな香りを存分に味わうことができますので、一度は挑戦しておきたい飲み方です。
最近では、ストレートで楽しむための度数の弱いタイプの泡盛も登場しています。これらであれば、女性やあまりアルコールに強くない人であってもストレートで楽しむことができるでしょう。

ロックで冷えた泡盛を

 泡盛のように度数の高いお酒は、ロックで冷やして飲むのもおすすめです。泡盛を飲むことのできるバーや飲食店でも定番の飲み方の一つです。冷やすことによって、若干香りや風味は弱まってしまいますが、その分すっきりと飲みやすくなりますので、蒸留酒の癖が苦手な人はロックに挑戦してみましょう。

水割りですっきりと

 ロックでもまだ飲み辛いのであれば、水割りにしてみましょう。さらにすっきりとした味わいや舌触りを楽しむことができます。 水の割合を調整すれば、あまりお酒に強くない人であっても十分に楽しむことができるでしょう。泡盛のクセがだいぶ抑えられますから、いろいろな料理とともにいただくことができます。

ソーダ割りで味わう

 近年流行のハイボールのように炭酸で割れば、ちょっと違った形で泡盛を楽しむことができます。炭酸の刺激によって泡盛の独特な甘味が際立ちますので、水割りよりもさらに飲みやすくなるでしょう。しかし、もとも度数の高いお酒ですので、アルコールに弱い人は飲みすぎないように注意しておきましょう。
このように、さまざまな形で泡盛は楽しむことができます。濃厚な味わいは好き嫌いが分かれますが、飲み方によっては誰でもおいしく飲むことのできるお酒であると言えるでしょう。